日本高校ダンス部選手権

高校ダンス部日本一を決める大会、日本高校ダンス部選手権 冬の公式大会 - ダンス甲子園

トップページ審査基準
審査基準 審査基準
 
 審査基準
協会のダンス部選手権ダンススタジアムにおける概念
 ■協会のダンス部選手権ダンススタジアムにおける概念
私ども一般社団法人ストリートダンス協会は社会に出る準備段階である高校生の皆様へ現在の社会が一番求めているスキルであるコミュニケーション能力適応能力をダンスを通じて養って立派な社会人となってほしいと考えております。又、卒業後も生涯スポーツとしてダンスを続けていってほしいと願っております。
 
 ■冬の公式大会の意義
冬の公式大会はダンスに対しての「適応能力」を一番重要視しております。
冬の公式大会では3on3のバトル形式の大会で、常に対戦相手が存在し戦術も必要なスキルとなります。瞬発力・応用力 ・対応力など、全ての「適応能力」が試されます。もちろん、構成・音楽への身体の応答・技術に培われたオリジナリティも重要な審査対象となります。
また、大会はトーナメント制ですので相手方のチームの出方次第で、その後に相対するチームへの作戦も無数に立てる事ができ、そのフラクタルな要素も本大会の面白さであり、ストリートダンスの更なる探求に繋がると考えております。
「適応能力」とは、環境に従い行動や考え方をうまく切り替える力であり、置かれた立場にふさわしい行動を取り変わりやすい環境に自身を適合させ考え方や行動パターンを常に修正できる能力です。社会に出る準備段階の高校生の皆様には、部活動であるダンスを通じて習得して頂きたい能力と考えております。

1つ目は、「高校生として、及び学校関係者様の秩序ある言動と行動が原則」(学生として)
選手を単に私的なダンスチームとは見ていません。「○○高等学校 ダンス部」と考えています。
その点が他のダンスコンテストと一番違う点です。予選会申込後、既に出場資格においての審査が始まっています。
学校や部活においての不祥事での辞退や失格の判断もあります。大会当日も喫煙や不正が発覚した場合なども失格となります。また、協会が定めるさまざまな会場マナーや不正などにも減点&失格対象になる場合もございます。
高校生及び学校関係者様の秩序ある姿勢が第一原則として問われ、さまざまなマナー・ルール・不正など出場時間外及びステージ演技場所以外にも及びます。

2つ目は、「厳格なルールの厳守」(選手として)
大会があらかじめ定めているルールを満たしているか?などの判断が必要です。
満たしていなければ減点&失格の対象となります。
例えば:・エントリー時より人数を増やすことは出来ない・ステージからの飛び降り、客席への物の投げ入れ、モラルに反するようなジェスチャーなどなど大会出場要綱を厳守して頂きます。審査員とは別に「keeper(キーパー)」と呼ばれる監督者が違反が無いかをチェックし失格の判断を下します。
   
● 大会形式 3対3のダンスバトル形式/トーナメント制
● ダンススタイル オールジャンル
● 演技時間 1ムーブ40秒のダンスを各チーム交互に、2ムーブ行います。
※1ムーブの構成人数は自由です。
※決勝のみ各チーム3ムーブ行って頂きます。
※詳しい流れは募集要項に記載しております。
● 審査方法 3名の審査員が多数決により判定します。
● 服装・小道具 服装は自由です。
※過度な露出は禁止です。
※小道具の使用はできません。
※ヘッドスピン用のヘルメット・帽子のみ使用可能とします。
 
Q&A
 
 ■バトルの流れ

本大会はトーナメント方式で1試合ずつ判定をくだしていきます。
・演技する選手はステージ中央に移動する。
・1ムーブの構成人数は自由です。
・1ムーブ40秒です。
・決勝のみ各チーム3ムーブずつ行って頂きます。
・出場する2試合前より、ステージにて待機頂きます。

 
 ■大会でのビデオ、写真の撮影を禁止し減点の対象にしている理由
1.著作権・肖像権の問題があります。
最近は主催者に無断で、このようなイベントを撮影し、インターネットにアップロードして著作権違反に問われるケースが増えています。この問題は、大きなイベントに限らず小さな発表会でも起こりうる問題になっています。
特にビデオ撮影では楽曲も録音されますので、楽曲の著作権も問題になってきます。個人で楽しむだけだからと言う人もいると思いますが、撮影者本人にその意図ががなくても、インターネットによる画像や動画の流出事故が後を絶ちません。また、最初からインターネットにアップロードするつもりで撮影をしている人と区別をつける術が無い以上、撮影を許可してしまうと収拾がつかなくなり、トラブルの元となってしまいます。

2.いかがわしい目的で撮影された写真や動画を売買されるというトラブルも懸念されます。
写真や動画を改竄していかがわしい目的に使用されることは避けねばなりません。児童ポルノ禁止法の改正により、未成年者の写真や動画といったものの取扱いには、非常に神経を使わなければならない問題になっています。撮影禁止はそういったトラブルに巻き込まれるようなことにならないように選手を守る措置です。
以上のような理由から、当大会のビデオや写真の撮影は禁止しております。
 
 ■公序良俗反する作品とは
ボディーペインティングは入れ墨を推奨する事になるのではないか?と言う御質問です。
公序良俗に反する要素とは、主に楽曲と衣装の面です。楽曲では暴力・わいせつ・差別などを助長する歌詞が入っている楽曲の使用は不可です。衣装の面でも過度な露出は禁止です。この大会に挑んでいる生徒さんは単にファッションでボディーペインティングを楽しんでいるのではない。または、宗教上の理由や部族といった理由でしているのではない。自身のダンスのディティールにまでこだわり作品の完成度を高めている。アフロヘアーやブロンド色のかつら、奇抜なお化粧や衣装なども作品ごとに違った必要性によって工夫を凝らし演出されておられます。一般社団法人ストリートダンス協会は、入れ墨の是非について論じる立場にはありません。
入れ墨の規定は各学校に校則があり、卒業後,社会人として個人の進む人生の方向性によって,自身の責任のもと決めれば良いと思います。よって特に協会側がボディーペインティングや入れ墨を推奨する理由もありません。今後、法律でボディーペインティングや入れ墨が規制されたり世論の高まりが禁止の方向へ進めば勿論それに従いますが、現時点でこの様な一部の懸念の為に大半の真剣にダンスに取り組んでいる全国の学生や指導者の作品の自由度や完成度を妨げるような事はしたくないと考えております。
TVにてステージでの演技の一部分だけを見れば、派手さばっかリが強調されて、生徒さんや指導者の演出も単にファッションでしていると写ったのかも知れませんが、我々協会が知りえるダンス部は礼儀正しく、他人を思いやり、創意工夫し、練習熱心で何事にも一生懸命な素晴らしい生徒さんたちです。卒業後、厳しい部活動で養われた正しい判断力で責任感ある人間として社会に貢献すると信じております。